review

建築×留学

TOEFL対策に困ったら見ておきたいスクール5選

留学に向けてTOEFLの勉強を始めたい。おすすめのスクールは?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • TOEFL対策向けオンライン英会話教室選びで損しない為のポイント
  • TOEFL対策におすすめのオンライン英会話教室5選
建築系アメリカ大学院留学に必須|TOEFLの概要を解説

続きを見る

【事実】お金はなくても建築留学は可能|返済不要の給付型奨学金まとめ

続きを見る

TOEFL対策向けオンライン英会話教室選びで損しない為のポイント

ここでは3つのポイントに絞ってスクール選びで損しない方法について見ていきます。

コストと受講期間は受験スケジュールに合致するか

こちらの記事でも解説していますが、TOEFLに必要な学習時間は人それぞれレベルに応じて異なってきます。

建築系アメリカ大学院留学に必須|TOEFLの概要を解説

続きを見る

まずは、自分に必要な学習時間を見極めて、その上で受講期間や、コストについて決定していきましょう。

自分の弱点パートを強化できそうか

TOEFLテストは、まずは自分のスコアレベルを知ることが先決だったりします。

そうすることで、自分の弱点や、そこを補うスクールを選ぶことができるようになります。

TOEFL対策コースがあるか

TOEFLには決まった出題形式があるので、ある意味では解き方の攻略を抑えることが

スコアアップへの近道です。

TOEFL対策コースがあるスクールや、クラスの料金は、フリートークのみのスクールなどに比べて

比較的お高めなので、自分の習熟度に合わせて選ぶようにしましょう。

TOEFL対策におすすめのオンライン英会話教室5選

ここからは、僕が留学の前段階において、色々と調べてきた

5つの語学スクールについてご紹介します。

建築留学×スクール①バークレーハウス語学センター

場所東京(市ヶ谷) オンライン
創業1973年
TOEFL対策講座
おすすめ度★★★★☆

TOEFLハイスコア取得者が実際にカリキュラムを組んでいるバークレーハウスは、

本拠地を東京市ヶ谷に構えていますが、オンライン受講も可能なスクールです。

バイリンガル講師による全パートの指導が受けられ、TOEFL対策からIELTS対策と

幅広い英語検定に対応しています。

創業から、約50年を迎え、約4,000人以上の留学者を輩出する実力のあるスクールです。

建築留学×スクール②プログリット(PROGRIT)

場所東京 神奈川 愛知 大阪 オンライン
創業2016年
TOEFL/IELTS対策講座料金体系入会金:50,000円
二ヶ月:328,000円
三ヶ月:468,000円
おすすめ度★★★★☆

世界で活躍するサッカー日本代表本田圭佑氏も利用しているプログリットは、

忙しいビジネスマンでも短期間に英語力を伸ばすことを目的に、カリキュラムが組まれていて、

7000人の受講者と90%の受講者からの満足感を得ているようです。

建築留学×スクール③イングリッシュイノベーションズ

場所東京 横浜 大阪 京都
創業2014年1月
TOEFL/IELTSコースTOEFLテスト45点/61点/80点突破コース、短期集中講座、夏期講習
4週間(20時間):67,500円~+入会金30,000円
点数保証アリ
おすすめ度★★★★★

イングリッシュイノベーションズの最も大きな魅力は「点数保証」があることです。

自分の目標スコア達成まで、無料で講義を継続してくれるなんていうのは、他社と比べても手厚いですよね。

アメリカのLAのMLI(Mentor Language Institute)という、語学学校が元になっているだけあり、

講義も全て英語なので、ライブ感のある英語学習を体感できます。

ユニバーサルスピーキング

場所東京 市ヶ谷
創業2018年
コース入会無料
月額3,000円〜20,000円までの5つのコース
おすすめ度★★★☆☆

TOEFLではスピーキングのテストがあるのですが、日常的に仕事で英語を使う機会がない方には少し厳しいですよね。

ユニバーサルスピーキングでは、オンラインでの英会話が25分250円という破格の値段から、

自分のレベルや希望する回数にあわせた、ライブな英会話を行うことができます。

ベストティーチャー

場所東京 市ヶ谷
創業2011年
コース通常英会話コース:10,910円
試験対策コース:15,000円
英検対策コース:15,000円
おすすめ度★★★★☆

ベストティーチャーは、ライティングとスピーキングに対応したオンラインスクールです。

フリートークよりもう一歩踏み込んでスピーキングをトレーニングしたい方や、

TOEFLのライティングパートに自身がない方には、講師による正しい文法の添削指導もあるのでおすすめです。

まとめ

summary

TOEFL対策にはそれなりに時間も必要ですが、最も必要なのはモチベーションであるとも言えるでしょう。

独学が苦手だと言う方は、今回ご紹介した語学スクールで、手っ取り早く学習してしまうのもいいでしょう。

-建築×留学

Copyright© ArchiLadder , 2020 All Rights Reserved.