建築×映画

TENETテネットのロケ地と建築

TENETにでてくる建築物やロケ地について知りたい!

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

LADDER
建築設計を本業にしている僕がTENETに登場する建築物について解説します!

こちらの記事では映画のネタバレとなる箇所が一部あります。

関連記事

当ブログでは建築視点な映画記事を多数ご用意していますので、気になった方はこちらもおすすめです。

ブレードランナーの都市デザイン「シド・ミード」が携わった映画作品8選

続きを見る

スター・ウォーズ建築9選|映画好き建築家が解説

続きを見る

映画「軽蔑(1963)」ゴダールとマラパルテ邸|魅力を建築家が解説

続きを見る

TENET(テネット)登場建築・ロケ地まとめ

テネットはデンマーク、エストニア、インド、イタリア、ノルウェー、イギリス、アメリカと、

7カ国にも渡ってロケをしていたようです。この記事ではそんなワールドワイドな撮影の舞台となった

各国の建築物についてご紹介していきます。

TENET 登場建築まとめ

  1. Linnahall
  2. Oslo opera hause 
  3. KUMU museum
  4. Reform Club
  5. Locanda Locatelli
  6. cannon hall
  7. The Thief hotel
  8. Gateway of India

それでは早速いってみましょう!

Linnahall

設計Riina Altmäe, Raine Karp
竣工1980
場所タリン、エストニア

ウクライナのキエフのオペラハウスは、実はエストニアのこちらの ホールが舞台となっていたんです。

こちらのLinnahallは、もとは1980年のモスクワオリンピックのセーリングイベント向けに設えられたようです。

それもあってソ連共産主義にみられるブルータルなコンクリート建築の様相を呈しているのもうなずけます。

ちなみに、劇中の逆行カーチェイスが撮影されたのもエストニアで、場所はPärnu Highwayという高速道路であるようです。

Oslo opera hause | Norway

operahouse
Oslo Opera House | photo by Vidar Nordli-Mathisen
設計Snøhet(スノヘッタ)
竣工2007
場所オスロ、ノルウェー

ノルウェーのオスロにあるこちらのオペラハウスは、劇中でも印象的な場面で用いられていますね。

後に紹介する「The Thief hotel」も同じくオスロの位置するホテルです。

KUMU museum

設計Pekka Vapaavuoriペッカ・ヴァパーヴオリ)
竣工2006
場所タリン、エストニア

こちらは劇中では、オスロ空港のフリーポートとして描かれていますが実際はエストニアに存在する美術館であるようです。

劇中では「スイスの銀行」のように不透明だと揶揄されていましたが、

設計はフィンランド出身の建築家ペッカ・ヴァパーヴォリで、建物自体からもどこか静謐な空気が漂います。

 Reform Club

設計Charles Barry (チャールズ・バリー)
竣工1837
場所ロンドン、イギリス

こちらは主人公が老紳士クロスビー卿(マイケル・ケイン)と落合う場面に用いられています。

ここで主人公着ているスーツをクロスビー卿は「億万長者を名乗るなら、ブルックス・ブラザーズではだめだ」と諭すのは名場面ですが、

劇中では実はフルオーダーメイドのスーツを採用していたようです。

 Locanda Locatelli

設計インテリア:David Collins
場所ロンドン、イギリス

こちらは主人公とキャットがはじめての食事をとる場面に用いられています。

cannon hall

場所ロンドン、イギリス

キャットが自分の息子の通学を見送る場面に使われています。

劇中でも度々登場しますが、よくよく読み込むと実はかなり重要な事実が隠されている場所でもあります。。

The Thief hotel

設計Mellbye Architects
竣工2013
場所オスロ、ノルウェー

こちらは前述のノルウェイでオペラハウスと同様、主人公とニールがフリーポートへの潜入を

打ち合わせる場面で撮影されています。

Gateway of India

https://unsplash.com/photos/J4Ui2ch3oRU?utm_source=unsplash&utm_medium=referral&utm_content=creditShareLinkhttps://unsplash.com/photos/J4Ui2ch3oRU?utm_source=unsplash&utm_medium=referral&utm_content=creditShareLink
設計George Wittet
竣工1924
場所ムンバイ、インド

こちらは主人公がプリヤと面会する場面で使われています。

インド、ムンバイでは都市のアイコンとして観光やイベントも盛んに行われている場所です。

まとめ

summary

テネットでは世界各国の建築物がロケ地として用いられていましたが、

みなさんが知っている建築物は少なかったのではないでしょうか。

アイコニックな建築ももちろん観ている観客を引き込む要素にはなるのでしょうが、

今回観てきたように、テネットで描かれている独特な映画世界や、シックでスタイリッシュな上流社会を描くにふさわしい

控えめでいて、存在感のある建築物が名を連ねていたのではないでしょうか。

関連記事

他にも、映画を建築視点で取り上げた記事が気になる方はこちらもおすすめです。

「インセプション」に似た映画?夢と現実の境界が曖昧な映画5選

続きを見る

建築家が映画MAD MAX|マッドマックスを見て思ったこと|概要と建築考察

続きを見る

12モンキーズにも影響を与えた建築家レベウス・ウッズの作品や映画

続きを見る

-建築×映画

Copyright© ArchiLadder , 2020 All Rights Reserved.