CAD/3D/ソフト

3DCGソフトMaya|マヤの特徴・デメリット・口コミ・価格を解説

2020-07-20

Mayaってどうなの?メリット・デメリット・口コミを知りたい!

こんな疑問にお答えします!

本記事の内容

  • Mayaのメリット・デメリット
  • Mayaの口コミ
  • Mayaの無料体験方法

結論

Mayaは、映像表現ならほぼなんでもできるハイエンド3DCGツール。 

特にハリウッドをはじめとする映画業界やアニメ、ゲーム業界ではよく用いられています

LADDER
無償体験を利用して操作に慣れておくと便利です!

\ 30日間の無償体験、学生・教職員は1年間無料/

Mayaのダウンロードはこちら|Autodesk公式サイト

関連記事

Mayaはよく、同じAutodesk製品の3DSMAXと比較されることが多いので

こちらの記事も合わせて読んでおくと便利です。

3dsMAX(マックス)特徴やデメリット・口コミまとめ

続きを見る

Maya|マヤとは

運営Autodesk
リリース2005年
開発国アメリカ

MayaはAutodesk社による3DCGソフト。

ハリウッドをはじめとするVFX、映像業界では圧倒的シェアを誇っています。

LADDER
Mayaを使えるとCG業界の就職・転職などのキャリアにも有利ですね

\ 30日間の無償体験、学生・教職員は1年間無料/

Mayaのダウンロードはこちら|Autodesk公式サイト

Mayaのデメリット

ここからはMayaのデメリットを一つずつみていきます。

Mayaのデメリット

  • 維持費がかかる
  • 操作には慣れが必要
  • プラグインが限られている

維持費がかかる

1ヶ月1年3年
¥34,100/月¥22,734/月
(¥272,800)
¥20,473/月
(¥737,000)
Mayaの料金体系

Mayaには永久ライセンスはなく、1ヶ月、1年、3年単位のサブスクリプション方式。

LADDER
最安でも月に2万円の使用量は、個人で利用するには少々高いという声もネット上には多いですね。

30日間の無料体験や、学生・教職員は1年間の無償利用が可能なので、

本購入前に利用してみることをおすすめします。

\ 30日間の無償体験、学生・教職員は1年間無料/

Mayaのダウンロードはこちら|Autodesk公式サイト

スクリプト作成に知識が必要

これはどのソフトにも言えますが、Mayaは、概して3DSMAXに比べて難しいということが言われています。

LADDER
Mayaの特徴であるスクリプトによる機能拡張にはプログラミングの知識が必要になります。

動画やUDEMYを利用して基本操作やわからないところをおさらいしたら、

あとは自分で数をこなして練習していくことが大切です。

UdemyがCADや3Dなど建築ソフト独学におすすめな理由|メリット+デメリット解説

続きを見る

プラグインは限られている

後述しますがスクリプトによるカスタマイズが可能な反面、

利用できるプラグインの数は3ds Maxよりも限定的です。

Mayaのメリット

ここからはMayaのメリットについて見ていきたいと思います。

メリット

  1. 映画、ゲーム業界等CGデザイナーのシェアが高い
  2. MEL(スクリプト)によるカスタマイズが可能
  3. プリセットが豊富
  4. 実写映像やVFXとの相性が良い
  5. Macでも利用可能

\ 30日間の無償体験、学生・教職員は1年間無料/

Mayaのダウンロードはこちら|Autodesk公式サイト

映画、ゲーム業界御用達の3DCGソフト

Mayaはアニメーションや映像制作の第一線でも使用されています。

LADDER
なんとあのスターウォーズでも多用されているんです!

こちらの記事ではスターウォーズ劇中の飛行船「ミレニアム・ファルコン」

のモデリングを手掛けた成田昌隆氏が当時の制作の裏側や、使用ソフトMayaについて語っています。

Mayaを使いこなせれば、映像方面の就活には有利ですね!

30日間の無償体験、学生・教職員は1年間無料

Mayaのダウンロードはこちら|Autodesk公式サイト

MEL(スクリプト)によるカスタマイズが可能

Mayaの醍醐味はこのMELというスクリプトのカスタマイズ

ほとんどの操作はこのMELによって担われているので、スクリプトコードが書けると、

自分が実現したい機能をどこまでも拡張できる、無限の可能性を秘めています。

プリセットが豊富

Mayaは、プラグインは少ない分、アニメーション、エフェクトなど初期から使えるツールセットが豊富。

基本性能だけでも、十分に見応えあるアニメーションの設定やエフェクトが可能です。

30日間の無償体験、学生・教職員は1年間無料

Mayaのダウンロードはこちら|Autodesk公式サイト

実写映像との相性が良い

MAYAの強みといえばCGを実写に合成できるVFX技術に優れています。

(VFX:Visual Effects。視覚効果のこと)

この点、映像業界ではMAYAが、多数のシェアを締めているのです。

Macでも利用可能

3DSMAXではWindowsのみのサポートでしたが、

MAYAはMacでも利用可能なので、ぼくのようなMACユーザーにもありがたいところ。

30日間の無償体験、学生・教職員は1年間無料

Mayaのダウンロードはこちら|Autodesk公式サイト

Mayaの口コミ

ここからはMayaの口コミについて見ていきます。

Mayaの悪い口コミ

Mayaの悪い口コミをまとめるとこんな感じ。

  • 落ちることがある
  • コストが高い
  • スクリプトは難しいが時間をかければ可能

Mayaのいい口コミ

Mayaのいい口コミをまとめるとこんな感じ。

  • 業界トップシェアなので、Mayaができると転職、就職に有利
  • 中・大規模案件に有利
  • Mayaをやっておくと他のソフトでも操作の融通が効く

30日間の無償体験、学生・教職員は1年間無料

Mayaのダウンロードはこちら|Autodesk公式サイト

Mayaの無償体験版ダウンロード

Mayaでは30日間の無償体験と、学生教職員なら、1年間の無料体験が可能

無償体験版のダウンロードは下記の3ステップです。

  1. Autodeskでアカウントの作成(学生、教職員は学生教職員アカウント)
  2. Mayaのインストーラをダウンロード、インストール
  3. Autodeskライセンスの認証

30日間の無償体験、学生・教職員は1年間無料

Mayaのダウンロードはこちら|Autodesk公式サイト

まとめ:まずはMayaの無料体験からはじめよう

summary

Mayaは日本をはじめ世界でも主流のCGソフト。映画業界で

CGデザイナーを目指すなら習得しておいて損はありません。

学生・教職員版や無料体験を有効に使った、お得なトライアルからはじめてみましょう!

30日間の無償体験、学生・教職員は1年間無料

Mayaのダウンロードはこちら|Autodesk公式サイト

-CAD/3D/ソフト

Copyright© ArchiLadder , 2020 All Rights Reserved.