CAD/3D/ソフト 建築×副業

建築/3D向けPC|MacとWindowsを比較!おすすめは?

2020-04-18

パソコンを新しく買いたいけど

MacとWindowsどっちを選べばいい?違いは?

こんなお悩みを解決します。

本記事のライター

LADDER
この記事を書いているぼくは

現役のサラリーマン建築家です。

PCはMacもWindowsどちらも持っています

 

結論

Apple製品、Macのデザインやブランドにこだわりがなければ

建築系業務のPCには、Windows一択でOKです。

本記事では、MacもWindowsも利用した僕

ネット上のレビューも参考に、両OSを比較します

本記事の内容

      • Macのメリット、デメリット
      • Windowsのメリット、デメリット
      • MacとWindowsの比較

    本記事を参考にすれば、MacとWindowsの違いがわかります。
    購入を検討中な方はぜひ参考にしてみてください。

建築用PC①|Macのメリット、デメリット

Macとは?

Macとは、アメリカに本社を置くAPPLE社が開発した、パソコンのことです。

OSは「macOS」といい、最新版は「OS X(テン)」と呼ばれています

Macのメリット

メリット

  1. デザイン性が高い
  2. 操作感が直感的で動作が早い
  3. Iphoneとの親和性が高い
  4. フォントがきれい
  5. タスク効率化アプリが多い
  6. バッテリーの持ちがwindowsより比較的長い
  7. 実はWindowsOSにも対応できる

デザイン性が高い

洗練されたアルミボディに、アップルのリンゴマークは

持ってるだけで所有感を満たしてくれます

LADDER
近年はWindowsでもサーフェスなどの

Macを意識したミニマルなマシンが発売されていますが、

個人的にはやはり二番煎じ感がしてしまうのです。。

操作感が直感的で動作が早い

トラックパッドの直感的な操作感

サクサクと動作する快適性もMacのメリットです。

近年はWindowsでも起動が早い製品は出てきましたが、

Windowsは感覚的に経年で遅くなってしまう感は否めません

Iphoneとの親和性が高い

ぼくはかれこれiphoneを10年ほど使ってきています。

そんな僕にはMacはとても使いやすく写真やファイル、音楽の同期

とてもスムーズでかなり助かっています。

フォントがきれい

Macではテキスト部分のフォントにアンチエイリアスがかかります。

これはWindowsにない機能で、フォントがより美しく見えるので

デザイナーにはおすすめです。

タスク効率化アプリが多い

noteやstickies、i movieにKeynoteと、Macには

優れた作業効率化アプリがWindowsよりも断然豊富です。

バッテリーの持ちがwindowsより比較的長い

MacbookProでOSXとWindows8のバッテリーの持ちを比較したところ

OSXのほうが約2倍も長くバッテリーがもったというこちらの記事にもある通り、

持ち運び時の充電環境を考えたときにもMacに軍配が上がります。

実はWindowsOSにも対応できる

Bootcampというソフトを使えばWindowsOSも実装できてしまいます。

しかもメモリの配分も決めれるので自分の使い方にあわせてアレンジ出来てしまいます。

LADDER
個人的には、MacでWindwosを開くと、

重たいことが多いのであくまで補助的に使ってます。

Macのデメリット

デメリット

  1. Windowsとのデータのやりとり時に文字化け等が起こることがある
  2. Macで使えないソフトがある
  3. 値段が高い
  4. 修理に時間とお金がかかる
  5. プロジェクター投影などの際は周辺機器が必要

Macはこんな方におすすめ

Macはこんな方におすすめ

  • Apple製品が好きな方
  • Appleのブランド力を借りて、デザインセンスをアピールしたい方
  • デザイン資料などを多く作成するデザイナー
  • Macのデザイン性もWindowsOSも両方欲しい方(BootcampでWindowsも利用可能)
  • iphoneユーザーな方

建築用PC②|Windowsのメリット・デメリット

Windowsとは?

Windowsとは、Microsoft(マイクロソフト)社が開発したOSやサービスのことです。

Windowsのメリット

Windowsを選ぶメリットは次の通りです。

メリット

  1. Windowsでしか使えないソフトがある
  2. さまざまなメーカーの中から好きなデザインを選べる
  3. 初期費用はMacより割安
  4. 3Dソフトに向くNvidiaのGPUが利用可能
  5. 市場シェアはWindowsの方が多く、修理等も柔軟
  6. いわゆる一般的なパソコンなので操作に親しみがある

Windowsでしか使えないソフトがある

例えば建築デザイン系なら、Grashopperをつかって

作業を進めることもあろうかと思いますが、こちらはWndowsのみなのです。

さまざまなメーカーの中から好きなデザインを選べる

これがWindows製品の魅力ですが、

各社で様々なデザインやスペックを相対的に比較して購入検討できるのも

大きな強みです。

初期費用はMacより割安

Macはブランド力もあり高額ですが

Windowsは各メーカー様々なモデルを出していて、

スペックに応じて価格帯もかなり幅広くなっていて初めてでも手が届きやすいです。

3D・CGに向くNvidiaのGPUが利用可能

RhinocrosやArchitcad,LevitなどのCGソフトを使うときに重要なのが

GPUでして、この多くがNvidia社製なのです。

しかし、Nvidia社は2019年にMacからは完全撤退しており、

Macに搭載されているのはAMD製GPUで、Windowsに比べパワー不足感は否めません

市場シェアはWindowsの方が多く、修理等も柔軟

Source: StatCounter Global Stats - OS Market Share

市場の8割のシェアはWindowsなので、その分トラブルシューティングや修理なども

すぐに対応しやすいのはメリットですね。

いわゆる一般的なパソコンなので操作に親しみがある

会社や学校でみかけるパソコンのほとんどはWindowsです。

私達が普段よくつかう機会がある分、特に抵抗なく操作できるのもメリットです。

Windowsのデメリット

デメリット

  1. 機種が多すぎてどれを選べばいいか迷う
  2. Macに比べて年数が経つと動作が遅くなりやすい
  3. ユーザー数が多いので、ウイルスに狙われやすい
  4. バッテリー消費量がMac製品より比較的多い
  5. フリーズなどの不具合が多い

Windowsはこんな方におすすめ

Windowsはこんな方におすすめ

  • 初めてPCを買い求める建築初学者な方
  • CGや3DCAD、Grashopperなどを使う方
  • コストを抑えたい方
  • 特にApple製品にこだわりがない方
  • 市場シェアはWindowsが多いので仕事上多数の方とやりとりされる方

【比較】MacとWindowsの比較

これまでの両OSのメリットデメリットを比較してみましょう。

MacWindows
メリット デザイン性が高い
操作感が直感的で動作が早い
Iphoneとの親和性が高い
フォントがきれい
タスク効率化アプリが多い
バッテリーの持ちが比較的長い
実はWindowsOSにも対応できる
Windowsでしか使えないソフトがある
豊富な機種から好きなデザインを選べる
初期費用はMacより割安
3Dソフトに向くNvidiaのGPUが利用可能
市場シェアはWindowsが多く修理等も柔軟
一般的なパソコンなので操作に親しみがある
デメリット Windowsとの間で不具合が起こる事がある
Macで使えないCGソフトなどがある
値段が高い
修理に時間とお金がかかる
プロジェクター投影などに周辺機器が必要
機種が多すぎて迷う
経年で動作が遅くなりやすい
ウイルスに狙われやすい
バッテリー消費が比較的多い
フリーズなどの不具合が多い
おすすめApple製品が好きな方
デザインをアピールしたい方
デザイン資料作成が多いデザイナー
デザイン性もWindowsOSも両方欲しい方
iphoneユーザーな方
初めてPCを買い求める建築初学者な方
CGや3DCAD、Grashopperなどを使う方
コストを抑えたい方
特にApple製品にこだわりがない方
仕事上多数の方とやりとりされる方

このように比較すると全貌がわかってきましたね。

【結論】建築PCは基本Windows,MacがほしければBootcamp必須

Apple製品やMacのデザイン性にこだわりがなければ

建築系ユーザーにはWindowsがおすすめです!

と、いいつつも、

僕のようにiphoneユーザーでかつ

Macのデザイン性とブランド力に惹かれるという方は

BootcampでWindowsOSを念の為入れておくことをおすすめします。

まとめ

MacもWindowsもそれぞれよいところがあります。

この記事を参考に、それぞれの状況に応じて

ぜひのぞみのパソコンをゲットしてください!

-CAD/3D/ソフト, 建築×副業

Copyright© ArchiLadder , 2020 All Rights Reserved.