建築×映画

映画「建築学概論」無料視聴方法と見どころ紹介

映画「建築学概論」の見どころを知りたい!

無料で見る方法も知りたい!

こんなお悩みを解決します。

この記事のライター

LADDER
現役サラリーマン建築家の僕が

「建築学概論」の見どころや関連作、無料視聴法までご紹介します!

当ブログでは他にも建築をテーマにさまざまな映画を紹介しています。

他にも建築をテーマにしたラブストーリーが気になる方はこちらもおすすめです。

関連
忙しい建築士との恋愛の予習に?建築家が主役のロマンス映画5選

続きを見る

この記事を読めば「建築学概論」の魅力や、次にみるべき映画も決まりますよ!

「建築学概論」を今すぐ無料で観るには

いますぐ「建築学概論」を無料で観てみたい方は

U-NEXTをお勧めします。

メモ

登録しておくと映画だけでなく、雑誌もマンガも31日間無料で楽しめます。

登録もとてもカンタンなので下記のリンクからどうぞ。

 

LADDER

「建築概論」を観た後、31日以内に解約しておけば料金0円なので、損しません。

31日間、無料で色んな作品を楽しみましょう!

「 建築学概論 」の基本情報

監督・脚本イ・ヨンジュ
公開年韓国:2012年
日本:2013年
制作国韓国
音楽イ・ジス
上映時間117分
評価1998年ゴールデングローブ賞 最優秀映画音楽賞
1997年アカデミー賞 アートディレクション
2011年「現実的なSF映画」/NASA 1位

建築学概論」のあらすじ

建築学科に通う大学1年のスンミンは、“建築学概論”の授業で同じクラスのソヨンに出会い、一目で恋に落ちる。しかし小さな誤解から、ふたりは遠ざかってしまう。それから15年後、建築士になったスンミンの前に、ソヨンが突然現れ、家を建てて欲しいと言う…。過去と現在をダブルキャストで贈る、初恋の甘さと切なさが胸に沁みる、美しく繊細なラブストーリー。

出典:「Oricon」データベースより

「建築学概論」のキャスト

ソヨン

スジ(Miss A):『ビッグ』『ドリームハイ』

スンミン

イ・ジェフン:「高地戦」『ファッション王』

15年後のソヨン

ハン・ガイン:「マルチュク青春通り」『太陽を抱く月』

15年後のスンミン

オム・テウン:「シルミド」『魔王』

「建築学概論 」の制作スタッフ

メモ

監督・脚本:イ・ヨンジュ「不信地獄」
照明:パク・セムン「ハウスメイド」「小さな恋のステップ」
撮影:チュ・サンヨン
製作総指揮:ソン・ガンイク「神弓 KAMIYUMI」、ヨ・ハング
製作:シム・ジェミョン「JSA」

「建築学概論 イ・ヨンジュ監督は実は元建築士

イ・ヨンジュ監督は、なんと

韓国の名門大学延世大学の建築学科を卒業した建築エリートでした。


彼はその後、10年間建築士としてのキャリアを積んだ後、
「パラサイトー半地下の家族」でアカデミー賞を受賞した、

ポン・ジュノ監督の『殺人の追憶』(2003年)で演出をつとめながら映画を学びます。


その後、初の自作映画『不信地獄』(2009年)で

監督デビューを果たし、本作「建築概論」を2012年に取り終え

一気に名声を得ることになりました。

「建築学概論 」の建築物

ソヨンの家

映画中の「ソヨンの家」は実はある住宅を撮影用に

にリノベーションして使っていたようです。

その後一旦は安全上の理由から改修工事が入ったあとに

ソヨンの家」という名前で

カフェ兼、「建築学概論ギャラリー」としてオープンしたそうです。

印象的な折れ戸をはじめとしたカフェ内部には

映画のワンシーンを切り取った写真も展示されています。

映画の中でスンミンが横になって昼寝をしていた2階は生憎

立ち入り禁止となっていて横になることはできません。

建築学概論の見どころ

見どころ

  • 建築キャリアなイ・ヨンジュ監督の建築思想が垣間見えるセリフや建築物
  • 90年代の神器ポケベルやウォークマンなどの懐かしさ
  • 「男も泣ける」韓国観客動員数400万人超え、歴代1位の恋愛映画
LADDER
建築男子はこの映画を見ると

胸が締め付けられること必至です。。。

まとめ

summary

いかがだったでしょうか。

今回は「建築学概論」の見どころや

その他のおすすめ作品についてご紹介してきました。


他にも建築映画が気になる方はこちらもご覧ください。

今回は以上です。ご覧いただきありがとうございました!

-建築×映画

Copyright© ArchiLadder , 2020 All Rights Reserved.