建築×ライフ

【irose財布レビュー】1年使ってみたが…|リアルな口コミ

2020-03-10

こんにちは。ラダーです。

今日はミニマリストな僕が愛用するirose(イロセ)のシームレスミニウォレット

1年使った感想をお伝えしていきます。

結論: iroseシームレスミニウォレットはおすすめできます!

irose wallet black

以前こちらの記事でも紹介しましたが僕は10年間様々な二つ折り財布を試してきました。

中でもこちらのお財布は周りからの反響も大きくどこで買ったのかとよく聞かれるのでこちらで解説させて頂きます。

iroseイロセ|シームレスミニウォレットの基本情報

コスト

13,200円(税込み)-公式サイトより です。

このデザイン性に、収容力を考えると、かなり安いのでは?と思っています。

友人に聞かれて金額を答えると、金額以上に見えるというようなことを言われるので、

このお得感はぼくだけの意見ではなさそうだなと思いました。

実際に、僕の妻も、僕と同じiroseのシームレスコンパクトウォレット(同じ型番の三つ折り財布)を使っています。

デザイナー

iroseは、高橋 源、高橋 大の兄弟によって設立された革小物のブランドです。
irose (イロセ)という言葉は古語で兄弟の意見で、「色」という言葉の語源とされる言葉だそうです。

語感も日本語っぽくて、とても背景のあるブランドネームですね。

デザイン性|メンズ・ウィメンズ問わず使用できます

縫い目なし、金物なし の一枚皮

建築を生業にしている僕がとても惹かれたのが、この縫い目のない、一枚皮でつくられたディティールです。

皮を折り紙のようにシンプルに織り込んでいくだけでのミニマルなデザインで男女問わず使える点も魅力。

カラバリが豊富です。

僕が選んだ黒色をはじめ、木目調や、シルバーなどを含めた9色ものカラーバリエーション展開です。

ゴムバンド

このゴムバンドがとても便利なんです。僕はここにもらった名刺を一時的にいれたり、付箋をはさんだりしています。

中の収容物が開かないようなセキュリティ性も担保されているので、

僕はもう、ゴムバンドのついていない財布を使うことが難しくなってきています。

irose wallet bind
名刺や、付箋、駐車券など、一時的にはさんでおけます。

irose財布レビュー③容量について

サイズ は公称で、 幅:約10.5cm 高さ:約7.5cm マチ:約2.7cmとなっています。

掌にすっぽりと納まるおおきさです。

中にはカードポケットが4個ついていて、お札とコインとカードをコンパクトに収容できます。

この中に、 僕がいつもいれているものを下記に挙げておきます。

  • カード×5枚
  • 名刺×10枚
  • お札(だいたい5千円以下。。)
  • コイン(普段はあまり入れませんが、もし発生したら仮に入れておいて、あとで自宅の貯金箱へ)
  • USB(30GB)
  •  Apple Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ(たまに音楽をやるので必須)

こう書くとかなりいろんなものがはいっているなあ。。と反省しているのですが、

これら一式すべて詰め込んだ写真がこちらです。

irose wallet side view
おまんじゅうのようにふっくらとしています。
capacity of wallet
お札、名刺を入れるとこんな感じです。
storage of wallet
色々入れてしまっています

もともとぽてっとしたみためなので、多少モノをいれても違和感はありません。

結構いろいろいれてもゴムで調整が利くので、急に現金が増えてしまったときも安心です。

irose×財布レビュー④経年変化 について

2019年3月に購入して、一年丸一年が経過したので、各部の経年変化についてまとめてみました。

レザー の風合い:柔らかく手に馴染んできました。

妻は同じ財布を先月購入したので

レザーの風合いを比較してみました。

black wallet before after
左:使用12か月         右:使用1か月

写真ではほとんど遜色ないように思えますが、手触りは左の12ヶ月使用のぼくのものの方が

皮ももちろん柔らかくなっています。見た目にはほとんどきになりません。

皮自体は牛皮を使用していますが、僕は特にメンテナンスなどもしてこなかったので、

結構劣化したかな?と思っていましたが、杞憂だったようです。

two black wallet
上:使用12か月         下:使用1か月

ちなみに妻が使用しているのは、

外身にはおなじですが、中を開けると、3つ折りになっていて

お札を折らずにそのまま入れられます。収容力も若干大きそうです。

ゴムの伸び:けっこう伸びてしまいました

ここまで読まれていてお気づきの方もいるかもしれませんがご覧のようにゴムはかなり伸び切っています。

wallet aging comparison
左:使用12か月              右:使用1か月

これは、僕が名刺やカギといった雑多なモノまで入れすぎているということに起因するかと思います。

しかし、このゴムは中で金具で簡単に止めてあるだけなので、簡単に交換ができるようです。

公式サイトでは専用の替えゴムも販売しているので、僕も早速注文しました。

【まとめ】デザイン性も良く使いやすいです。ゴム紐交換で末永く使えます

今回はiroseシームレスウォレットをレビューしてきましたが如何だったでしょうか。

個人的にはコストも、デザインも、収容力にも満足しています。ゴム紐を変えて、末永く使ってあげてください。

ネットではけっこう品薄なので、気になっている方は早めに購入しておきましょう。

イロセの財布以外にも、今まで様々な財布をつかってきましたので、他の財布のレビューもみたい!という方はこちらもどうぞ!

現役建築家が選ぶ財布5選|ミニマルな二つ折り財布まとめ

続きを見る

-建築×ライフ

Copyright© ArchiLadder , 2020 All Rights Reserved.