LADDER|ラダー

建築設計が本業のサラリーマン ▲ArchiLadder(アーキラダー)はWEB副業/3DCG/建築等の多彩な有益情報を発信中です。月間10,000PV突破! ▲趣味は副業と映画鑑賞▲副業月収20万円達成▲ブログ月収5桁達成

PC balcony

快適なベランダでのリモートワーク

建築×ライフ 建築×副業

狭小マンションベランダで快適にリモートワーク|コスパDIYしてみた

こんにちは!ラダーです。

最近は在宅勤務の効率を上げるべく、自宅の環境改善に勤しんでおります。

なかでも今回は、「自宅マンションのベランダDIY」について記事をまとめてみました。

本記事の内容

  • 狭小マンションベランダでもリモートワークは可能か
  • ベランダDIYに必須な道具3選
  • その他、ベランダの環境改善におすすめなアイテム
  • ベランダDIYのメリット・デメリット
  • ベランダ・バルコニーDIYの手順

結論

狭いベランダでも、工夫次第で快適で居心地のいいスペースはつくれます

むしろ狭いほど、それだけコストもかかりませんし、メンテも楽ちんです。

この記事を読めば、自宅のベランダに合った空間づくりのヒントを見出すことができますよ。

もくじ

狭いマンションベランダでもリモートワークは可能か?:可能です。

small balcony
狭いバルコニーでもリモートワークは可能か?

狭いからと言ってベランダに出ていないのはとてももったいないことです。

ヨーロッパではどんなに小さなベランダでも、椅子とテーブルを設えることで豊かに暮らしています。

LADDER
ちなみに僕の自宅マンションも都内の賃貸で、ベランダの広さは約一畳。。

恥ずかしい限りの狭さですが、それでもDIYを行うことで生活がぐっと豊かになりました!

ベランダ(バルコニー)DIYに必須な3つのアイテム:合計予算2万円以下

まずは現状の写真と出来上がったバルコニーのイメージを見比べて見ましょう。

Before

dirty balcony
改造前のバルコニー

ご覧のように、元はよくあるマンションの寂れたバルコニーでした。。

After

balcony lunch table
改造後のバルコニー

ですが、一念発起し、バルコニー改造を挙行したところ、

なんと実質2日でこのような居心地のいい憩いの空間となりました。

ベランダのイメチェンをやるにあたって、必須と思われる③アイテムを挙げていきます!

ベランダライフに必須な3つのアイテム

  1. フロアデッキ
  2. 折りたたみテーブル+椅子セット
  3. シェード

順にみていきましょう!

①IKEAフロアデッキ

floor deck
IKEAのフロアデッキ

耐候性に優れたアカシアの無垢材でできたフロアデッキ。

LADDER
まずはこれだけでベランダの雰囲気はかなり違ってきます。

品質にもコスパにも優れたデッキ材で、ネットでもベランダDIYにこちらを採用されている方は多いです。

wood deck separation
IKEAのウッドデッキの裏面。

サイズは30センチ角ですが、適宜必要なサイズにカットして調整可能なので、

ぼくの自宅のような不整形なバルコニーでも

空間にに沿ってきれいに隙間なく設置できる点もありがたいです。

②IKEAサルトホルメンテーブル+折りたたみチェアセット

こちらもベランダによく置いてあるIKEAのテーブルセット。

ベランダ椅子の定番の「TERNOテルノー」でも良かったのですが、木の経年変化と、木と木の隙間が気になり、

スチール製の「サルトホルメンテーブル」を購入しました。

folded chair
折りたたんだ姿

写真のように折りたたむととてもコンパクトなので、洗濯物も十分に干せます

LADDER
円形テーブルは面積効率がいいので、僕のような狭小ベランダにもおすすめできます。

付属のクッションが心地よく長時間のリモートワークも苦にならないのが好ポイント。

③シェード

brown shade
壁面隠しとして活躍した茶色のシェード

我が家のベランダの手すりは壁タイプで、下からの目線を気にすることはありませんでしたが、

なかなか床のデッキとの相性を考えると、どうしても既存の壁面のままだと残念なので、シェードを設置しました。

目隠し効果だけでなく、これがあるだけで精神的にはかなりリラックスできます。

本当は木製の壁面がよかったのですが、以下のような理由でシェードを選びました。

ベランダ壁面にシェードを選んだ理由

  • 価格が安い(1,000円〜4,000円)
  • 色、サイズ等、種類が豊富
  • 設置が容易(結束バンドや紐があれば手すりにかんたんに設置できる)
  • 場所をとらない
  • メンテ不要
  • ベランダの形状に合わせてシェードを切って自由に加工できる

 

とにかくコスパを優先したいという方や、DIYに慣れていないという方、そこそこのクオリティで言い方なんかには

シェードの設置は20分もかからず終了するので、本当に楽ちんです。

LADDER
余ったシェードは日よけにも利用可能ですよ!

ベランダ、ベランピングにあると便利な道具

ここからは、僕自身が順次増やしていったベランダ生活を豊かにするアイテムたちを紹介します。

ベランダライフを豊かにするアイテム

  1. 観葉植物
  2. 人工芝パネル
  3. 鳥よけ
  4. ろうそく
  5. 燻製器
  6. 延長コード
  7. ひざかけ

①観葉植物

plants balcony
ベランダ手すりに設置した植物

壁と床が整ってきたら、植物を順次入れてあげるとQOLが爆上がりします。

参考ですが、我が家では、以下のような植物を取り入れています。

いずれも屋内用ですが、天気のいい日は外に出しています。

  • ネフロレピス
  • シマトネリコ
  • カポック
  • テーブルヤシ
LADDER
ネットショップでサクッと購入して、配送までお願いしておくととっても楽ちんです。

小さめの植栽は、このような壁掛けのプランターに入れています。

②人工芝パネル

grass panel
芝生マット

前述のIKEAのデッキ材を敷き詰めたあと、ふと思い立って購入したのがこちらの人工芝パネル。

バカにしていましたが、よく足を置く場所においておくと、非常にチルです。

我が家では非常ハッチの上に敷いて段差解消になり、非常時にも外しやすい設えとしています。

③鳥よけ

green tile wall
鳥よけの鉄線

人間にとってベランダが快適になってくると、他の動物にとっても快適なスペースになってくるのはあたりまえ。

ベランダ周りに死角や、人間の手が届かなさそうな平場があったりすると、そこは鳥の格好のとまり木になってしまいます。

我が家もベランダ生活をはじめてから、こちらのような鳥よけを設置するようにしましたが、効果は絶大で、

それまではちょっと背の高い室外機の上なんかに止まっていた鳩などが一発でいなくなりました。

LADDER
ベランダでの食事にも気をつけましょう。ベランダの食事からちょっと目を話して中に戻ったりすると、

鳥たちがいつのまにやら群がっている光景は想像に易いですよね。。

④キャンドルorランタン

ベランダを整備すると、夜もベランダで過ごすことが多くなります。

キャンドルや、キャンプ用のランタンを準備しておくと、ムーディーな空間に様変わりしますよ。

LADDER
キャンドルは風が強いとちらつくので、読書などをしたい方は、カバー付きのものがおすすめ。

⑤燻製器

steel pot
燻製器

週末はよく燻製器でウインナーや、チーズを仕込みます。

僕が買ったのは、ホームセンターに売っていたこちらのミニタイプの燻製器です。

⑥延長コード

我が家は幸い電源が近く、そこまで必要ではなかった延長コードですが、場合によっては用意しておくと便利です。

⑦ひざかけ

ベランダにいる時間が長くなったので、欠かせないのがひざかけ毛布。

ストーブはまだ導入していませんが、ゆくゆくはあるといいかもなあと思ったりもしています。

日除けグッズ

balcony shade
日除けグッズ①シェード

我が家は西向きのバルコニーなので日当たりが厳しく、午後はシェードをかけることが多いです。

シェードは壁に敷設したもののあまりを使っています。百均の結束バンドと付属のひもと、

壁付けのフックをはがせる強力両面テープで設置しています。

shade rope
シェードは結束バンドと紐を使って手すりに固定

シェードがやや面倒なときや、景色を楽しみたいとき、日差しがよわい日などは

帽子とサングラスで過ごしています。

hat sunglass
日除けグッズ②帽子とサングラス

ベランダDIY,ベランダリモートワークのメリット

advantage
メリット

ベランダを改造してみて実際にどんなメリットがあったかをまとめておきます。

  • 気分転換になる。
  • アウトドアディナーやバーなど、夜のアクティビティがより楽しい。
  • 仕事の邪魔が入りづらく、生産性があがる。
  • 比較的安価でベランダアイテムは揃う。
  • 休日のコスパと満足度が高い

順にみていきます。

気分転換になる。

breakfast egg toast
休日はベランダで朝食

外出自粛中でも快適に在宅で仕事ができたのは、ベランダを整備したおかげです。

日常のちょっとした息抜きにも利用できてストレス解消になります。

夜のアクティビティがより楽しい。

最近はお酒やコーヒーを持って夜のベランダでまったり本を読んだり、

家族でディナーを楽しんで過ごす一時が至上の楽しみになってきています。

普段とは違う、薄暗さが疲れた心と体を癒やしてくれます

仕事の邪魔が入りづらく、生産性があがる。

PC balcony
快適なベランダでのリモートワーク

一旦外に出て仕事に入ると、誘惑の多い家の中とは距離がおけるので、

集中して仕事に打ち込むことができ、生産性が上がります

比較的安価でベランダアイテムは揃う。

はじめに述べたように、最低限デッキと机・椅子、2万円もあれば

ベランダは一気に魅力的な癒やしスポットとなります。

LADDER
もっと費用を抑えたいという方は、IKEAのスタッキング椅子をおいてみると随分違ってきますよ。

休日の過ごし方が変わり、時短とコスパを両立できる

balcony cafe
休日はホワイトボードにおやつメニューを書いたりなど。

ベランダに出始めると、とにかくベランダの環境改善が楽しくなってきて、

そのうち、休日などに出歩いて外食やショッピングに明け暮れるよりも、

家でコストを抑えながら、リラックスした時間を過ごせるようになります。

LADDER
休日だけでなく、時間がない平日にも、すぐに、質の高い気晴らしができるので、かなり費用対効果は高いかと

ベランダDIT,バルコニーリモートワークで注意したいこと。

Concept of a young upset woman. Desperate girl frustrated by problem with work or relationships, feeling anxiety and disappointment, psychological trouble , having loneliness. Cartoon flat Design Isolated Vector illustration

ここからはベランダをDIYするときに気をつけておきたいことについてまとめておきます。

  • 実測や準備等が若干面倒。
  • 隣地や、隣戸など、屋外環境には注意が必要。
  • デッキ材や木材は経年変化に注意。

実測や準備等が若干面倒。

ベランダを整備するにあたって重要なのは、サイズをしっかり測ること。

多少面倒くさいかもしれませんが、面積そのものは広くはないので、サクッと図ってしまいましょう

LADDER
ちなみに僕は仕事柄、レーザー計測器を愛用しています。

高いところや離れた場所を測るのも簡単で、建築関係者の方にはおすすめです!

隣地や、隣戸など、屋外環境には注意が必要。

ベランダで楽しく働いたり、食事をする際には、周辺への光や音や臭いにも配慮が必要です。

事前に周辺環境などは調べておくようにしましょう。

LADDER
僕の場合、よく話すリモート会議は室内で行ったり、夜はしずかな時間を楽しんだりするようにしています。

デッキ材や木材は経年変化に注意。

ベランダは屋根付きの空間がほとんどなので、雨が直接入り込むよりは屋外家具のダメージは少ないですが、

それでも、屋外であることに変わりはないので、家具や、電化製品の出しっぱなしなどには注意しましょう。

ベランダで仕事をしていて、すこし室内に戻ったままPCを外に置き去りにしてしまい、

そこに雨天が重なったりすると、PCがダメージを受けてしまう恐れもありますので注意しましょう。

ベランダ・テラスDIYの手順

ここからは僕がベランダDIYを行うためにたどったプロセスをまとめてご紹介します。

と言っても、ごく当たり前なことなので、気構える必要はありません。

Step1:実測・デザイン検討

sketch_monotone
ベランダの実測スケッチ

まずは実測から始めましょう。実測したら,きたなくてもいいので、

簡単なスケッチやメモに残しておくと必要な材料や、家具の大きさなどの見積もりを建てられます。

LADDER
こちらのメモでは実測を元に、簡単なバルコニーの平面と立面を描き、その後、下のポンチ絵で

デッキ材の購入枚数や導入家具などのサイズを検討しています。

Step2:見積もり・購入

wood deck stock
実測を元に、IKEAのウッドデッキを9枚入り✕2セット購入。

実測が終わったら順次購入アイテムの整理や、ざっくりの予算整理、購入など進めていきましょう。

例えば、我が家の場合は、手始めに、

  1. IKEAのウッドデッキ9枚入りセットを2セット
  2. シェード600✕100mm
  3. IKEA サルトホルメン テーブル+折りたたみチェア

を購入し、順次他のアイテムを導入していきました。

LADDER
この段階がテラスDIYの楽しい場面の一つで、

Pinterestや、ブログなどでテラスの完成イメージをふくらませていきましょう!

Step3:設置作業

注文が終わればあとは順次設置していきましょう。

LADDER
商品が届くのを待つ間、あらかじめベランダの掃除をしておくといいですよ!

僕の場合は、以下の流れで設置を進めていきました。

設置のながれ

  1. ベランダのかんたんな掃除
  2. 床材の設置
  3. シェードの設置
  4. 家具の設置
  5. その他必要なアイテムの導入

床材設置のポイント:必要に応じてパネルを切る

テラスのサイズに合わせて、ペンチでパネルを切ってサイズを調整します。

現場でみながらやるのもいいですが、事前に実測して計算しておくとスムーズです!

シェードの設置のポイント:結束バンドを活用

stainless handrail corner
結束バンドで既存の手すりに簡単に固定できるシェード

写真のように、手すりなどに結束バンドを使って固定すると、

目立たないうえに安価でしっかり固定できます。

家具設置のポイント:座ったときの目線は重要

PC balony
PCへの目線の先に、植栽を設置することでピンポイントの見合いを避けつつ眺望を確保。

個人的には家具に座ったときに、目線が隠れてしまうくらい壁面のシェードですっぽり覆われるのが好みなのですが、

妻は手すりが見えるくらいの方が開放的でいい!という意見もあったりします。

事前に実測の段階で、イメージを膨らませながら家具を選ぶとGOODです。

まとめ:ベランピング、ベランダリモートワークをはじめよう!

summary

ベランダは小さくても、椅子とテーブルを設置すればすぐさま快適な屋外空間に早変わりします。

今はいろんな便利グッズも売ってますので、ネットで探せばすぐに購入することができます。

みなさんも、この機会にぜひご自分の家のバルコニーを快適に設えて、ストレスレスな在宅勤務、お家時間を過ごされてください!

関連記事

建築家のぼくが選ぶ2020年の個人的ベストバイ7選

続きを見る

【irose財布レビュー】1年使ってみたが…|リアルな口コミ

続きを見る

【即効性あり】眠れない時に効果的なピアノアルバム5選

続きを見る

-建築×ライフ, 建築×副業

Copyright© ArchiLadder , 2021 All Rights Reserved.